自由に取引が出来る FXの魅力

 
メリット1:取引手数料が安い

FXやバイナリーオプションが今ではインターネット上でもできるのが当たり前になりましたが、今回はFXに集中したいと思います。インターネット上でするメリットは手数料の安さです。一昔前は銀行や証券会社の店頭や電話で直接依頼する取引することが多かったのですが、その場合は手数料が1回につき2000円以上もすることがありました。この点が、初めての人でも入って行き易い理由の一つですね。

allそうすると高額の取引をしなければ手数料だけで赤字になってしまいます。高額の取引ができる のはお金を大量に持っている人に限られていますから、庶民には手が届かない存在でした。

しかし、時代が変わりネット上での取引が解禁されると手数料は物凄い勢いで下がりました。今では取引する額のよって変わりますが数百円程度で100万円分の取引ができます。

メリット2:小額からの取引ができる

ハイローオーストラリア

そしてFXの取引内容も種類が増えて、1万円から取引できたり、会社によっては100円から取引できるようになりました。手数料も取引する金額に応じて少ない金額ならば手数料も少なくなります。つまりインターネットがつながれる環境にいる場合は誰でもできるようになりました。もちろん携帯からでも取引はできます。小額も取引から初めて慣れてくると段々金額を上げていき、自分にとっての適性金額を見つけてみてください。

メリット3:お金がなくとも高額の取引ができる

FXは性質上、大きな金額を取引する方が利益は大きくなります。ですから、100円の取引をすると「1ドル=100円」が「1ドル=110円」になった場合、10円の利益がでます。1万円の取引をすると100円の100倍の取引額ですから利益も100倍で1000円となります。もっと金額を大きな金額にすると利益も大きくなります。逆を言えば、お金がない人では大きな利益を上げることは難しいとも言えます。

しかし、「レバレッジ」を利用すれば大きな金額の取引が可能になります。レバレッジとは「てこ」であり、例えば手元の5万円を使って100万円分の取引をすることができる方法です。大きな金額を取引すれば利益も大きくなりますが、損失も大きくなりますの注意が必要です。

メリット4:24時間取引ができる

FXは世界中の市場で取引をすることができます。市場には開いている時間がありますので日本市場が閉まっている時でも世界のどこかの市場は開いていて、取引がされていますから同じ日本にいながら24時間取引ができます。仕事をしている人も夜帰ってきてから取引をしたり、仕事に行く前の朝早い時間に取引をすることもできます。自分の好きな時間に取引ができるようになっています。


兼業と副業という言葉は、ビジネスの世界ではもちろん、一般的にもよく使われる概念ではありますが、その違いについて正確な理解をしている方は少ないようです。

正確な言葉の理解をしておかないと、勤務先の副業禁止規定などに抵触してしまうなど、予想外の事態に陥る可能性があります。そこで、兼業とは一体どのような概念で、また、副業とは一体どのような概念なのでしょうか。また、両者の最大の違いは何なのでしょうか。

まず、兼業とは、その言葉のとおり、「生業(なりわい)(=仕事)を兼ねること」を指します。兼業という概念の特徴は、2つ以上の仕事を同時に行っていること、そして、それぞれの仕事に同じくらいの時間と労力をかけていることです。兼業という言葉を使う場合は、収入面でも、だいたい同じような金額になってくることが一般的です。

具体例としては、兼業農家という形態が挙げられます。兼業農家とは、農家としての仕事をするとともに、他の仕事(会社勤めなど)を行っている農家を指します。この場合、兼業農家の皆様は、農業にもフルコミットし、かつ、会社勤めでもフルコミットしていることが多く、収入的にも、だいたい同じような金額になることが多いです。この点、農家の方が空いた時間にインターネットでライティングの仕事をするような場合は、兼業農家とは言わず、あえて言うなら、「農家を営む人が副業としてライティングの仕事をしている」という表現が正確でしょう。

次に、副業とは、「主たる仕事(メインの仕事)に加えて、副次的な仕事(サブの仕事)を行うこと」を指します。副業という概念の特徴は、あくまでメインの仕事が中心であって、サブの仕事は余った時間で行うという点です。副業という言葉を使う場合は、収入面でも、メインの仕事の収入がサブの仕事の収入を大きく上回る場合がほとんどです(例外的に、アフィリエイトなどの副業の場合は、副業収入の方が多い場合も考えられますが、極めて稀なケースです)。

具体例としては、サラリーマンが土日を使って講師のアルバイトをするような場合です。この場合、あくまでサラリーマンとしての収入がメインで、講師のバイトは金額的にもサブにすぎないでしょうから、この場合の講師のアルバイトは、まさに「副業」という言葉がぴったり当てはまります。

このように、兼業と副業の最大の違いは、「実際に費やす時間や労力がどれくらいなのか」という点です。兼業の場合は、2つの仕事に同程度の時間や労力をかけるのに対して、副業の場合は、あくまでメインの仕事に多くの時間や労力をかけ、サブの仕事はあくまで補充的なものに過ぎないのです。