スプレッドを学んで賢く取引

 
FXとは: FXは正式名称を「外国為替証拠金取引」と言い、その名の通り、通貨を売買することで利益獲得を目指す金融商品です。通貨の値段は、為替レートという変動制の指標によって決まるルールになっています。

lllしばしばニュースの経済コーナーで、 「現在ドル/円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合に為替情報が報じられています。勘違いしがちですが、これは80円50銭~52銭の値幅で取引されているということではなく、ドルを購入する際の値段が80円52銭、売却する際の値段が80円50銭という意味です。

為替取引には「買値」と「売値」という二種類の価格が関わっています。FX業者によっては、買値のことを「ASK(アスク)」、売値のことを「BID(ビット)」と表示している場合もあります。

基本的に、売値よりも買値の方が高く設定されており、購入した通貨をすぐに売却しても利益を得ることは出来ません。この買値と売値の差額を「スプレッド」と呼び、FX業者にとっては収益源の一つです。と言うのも、スプレッドは業者によって異なる数値で設定されており、トレーダーは取引時に自己負担しなければなりません。いわば取引手数料のような存在であり、少しでもコストを削減するためには低スプレッドのFX業者を選ぶことが大切です。

ちなみに、同一のFX業者でもスプレッドは時間帯によって大きく異なります。普段は1銭のスプレッドしかない通貨ペアでも、相場の変動が大きい時には3~4銭ものスプレッドが付くこともあります。

スプレッドに注目してFX業者を選ぶなら、スプレッドの低さだけでなく、安定性にも気を付ける必要があります。スプレッドは基本的に変動制ですが、最近では固定スプレッドを提供しているFX業者も随分と増えました。このサービスは実際に口座を開設して取引画面を見てみないと確認できないのが難点ですが、もし固定スプレッドが提供されているなら積極的に活用すべきです。取引コストを削減することで、トレーダーの純利益確保に役立ちます。最近では、MetaTraderを使って自動売買をしながら資産運用をするトレーダーが増えてきています。

例を挙げると、「クリック証券」で提供されている各通貨ペアのスプレッドは以下のようになっています。ご覧のように、スプレッドは通貨ペアによっても大きく異なります。ちなみにこのデータは2012年3月時点でのスプレッドなので、現在のものとは異なる可能性があります。詳細はFXランキングを扱ったサイト等にアクセスして確認してください。

相場の変動率(ボラティリティ)は通貨ペアのスプレッドに大きな影響を与えます。特に、インターバンク市場での取引量が多くて流動性の高い米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルなどのスプレッドは小さく、その他の通貨ペアではスプレッドが大きくなりやすい特徴があります。